ころしゃく恋日記

ころちゃん(気ままな絵描き)&しゃっくん(天然男子)カップルの日常。しゃっくんの謎かわいい生態を記録します。

ころちゃん、ミイラ展のおみやげをもらう

 

 

 

f:id:colo_shaku:20200111130032j:image

 


f:id:colo_shaku:20200111130011j:image

 


f:id:colo_shaku:20200111130038j:image

 


f:id:colo_shaku:20200111130027j:image

 


f:id:colo_shaku:20200111130017j:image

 


f:id:colo_shaku:20200111130022j:image

 

 

f:id:colo_shaku:20200111131002j:image

 

 

 

ぱか子というまぬけな名前にしました。

 

 

 

 

最初はアルパカのミイラ的な何かかと思ってすこし怯えたのですが、ミイラとはなんの関係もないそうなのでよかったです。

(ミイラ展に行ってミイラとまったく関係ない土産を買ってきてくれるしゃっくんって一体…)

 

 

 

しゃっくんが一度実家にパカ子を置いておいたら、いつの間にかしゃっくんのお母さんが可愛がっていたらしいです。

とても可愛がられたパカ子ですが、しゃっくんが「ころちゃんへのみやげ物だ」と告げると名残惜しそうにパカ子を引き渡してくれたそうです。

 

 

なんか申し訳ない…

 

 

ふわふわしててほんとうにかわいいから、これから大切にするよ。

 

 

 

 

 

 

 

〇Instagramでは最新のしゃっくんの生態がみられます。

♡Instagramのアカウント https://www.instagram.com/colo_shaku

 


人気ブログランキング にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

 

 

物件珍道中~賃貸物件を決める上で大事だなァと思ったこと~

 

 

先日しゃっくんと新しい物件を探しに行きました。

 

 

f:id:colo_shaku:20200110211232j:image

 

我々が物件に求める条件は

  • 狭くてもおしゃれ
  • 駅から近い
  • 風呂とトイレは別(最低限すぎる…)

 

でした。一日ががりで何件も内見をして、気に入った物件に出会えたので、今回は物件選びで大事だと思ったことをまとめておこうと思います。

※あくまでも個人的な、なんの根拠もないまとめです。

 

そして、次に引越しをすることがあればこの日記を読み返そうと思います。

 

不動産屋の営業がダサくないか?なんか、会話が合わない?には気をつける!

 

しゃっくんと行った不動産屋は名の知れた大手のお店でした。

男の営業さんは、親切なんだけどなんとなーーく上の空って感じで微妙にこちらの意図を汲み取ってくれてない感が否めない…

f:id:colo_shaku:20200110211252j:image

内見に行く間の車中でも、「自分はずっと彼女がいない。ふたりはどうやって出会ったんですか…!?」とか「不動産屋休みがない〜。友だちと休みも合わないから独りで過ごしてる…」とか「おみくじを引いたら末吉だった…」とか、なーーんか辛気臭い話題ばっかり。。

 

別に、悪い人とかでは決してないのだけど、なーんかしっくりこない感じ。

 

辛気臭い営業がすすめる物件も、申し訳ないけどコレまた辛気臭く感じてしまうという…。

 

無駄に洒落こいた不動産屋である必要はないけど、波長が合うってのは大事だと思いました。

 

波長が合うってことは、こちらの感性に近いってことだから良い物件とマッチングしやすいんじゃないかなと…!

 

 

 

内見時にどよん…とした気持ちになったら好条件でも選ばない!

 

辛気臭不動産がすすめてくれた物件を内見に行きました。

 

入った瞬間…というか、もはや車から降りた瞬間からなんとなく

どよん〜…とした気分に

f:id:colo_shaku:20200110211306j:image

もし、もし仮にどよん…とした気分になる通称『どよん物件』を選んでしまったら、毎日帰ってくる時にどよん…とするに決まってます。

いきなり、ハッピー!!となることはまず、ない!

 

こういう物件は選ばないようにしよう。

 

 

営業をかけられた物件は選ばない!

これは、完全に私個人の感覚なのですが、営業トークをされて納得できたらそれでいいと思うのですが、う〜ん。となる場合は決断を先走ってはいけない!(わたしはせっかちなので先走りそうになった!)

 

80点だなあ〜と思った物件が営業トークで90点や100点になったら選んでもいいと思う!

 

けど、60点…って思った物件をトークで70点ないし80点に引き上げてくれても、それは自分の中での合格ラインに達してなければ毅然とお断りすべし…!

 

わたしはちょこっと、辛気臭い営業員が可哀想に思えてきて、この物件でいいんじゃないかと気持ちが傾いたりもしたけど、しゃっくんがピシッと断ってくれたので助かった……!

 

 

営業員のいじらしい努力を評価したくなる気持ちはあるけど、ここは心を鬼にして自分の気持ちを優先すべし!

 

大丈夫。わたしも長いこと営業やってたからわかるけど、

営業は断られて当たり前だから。10回に1回契約取れれば御の字だから。大丈夫。

 

 

 

 

即断せず、第三者の意見を聞いてみる!

 

何件か内見して自分でもいいんだか悪いんだか分からなくなってきたので、わたしはお父さんとお母さんにLINEで物件の写真とURLを送って意見を聞きました。

 

すぐに、ウチのお父、お母、しゃっくん、ころちゃんの4人のLINEグループを作って、不動産にいながら、内見しながら常にトークをして意見交換をしました。

 

20代そこそこの経験値ではわからない物件のあれこれも、人間歴が何十年と先輩の父、母に意見を聞くことで客観的な意見を貰えて良かったです。

 

わたしは両親に相談しましたが、引越し経験豊富な友人とか先輩に相談してもいいと思います!

だいたいそういう人は、引越し経験豊富なことをちょっと誇りに思ってたりするので頼るとうれしくなって色々アドバイスしてくれます。たぶん!

 

 

部屋に帰ってきた想像をしてテンションが上がる物件を選ぶ!

 

最終的にココにしよう!と決めた物件は入った瞬間にテンションが上がりました!

 

キレイでオシャレで明るい!

 

ころしゃくテンションアゲアゲ祭り〜!

f:id:colo_shaku:20200110211314j:image

 

決めた物件を紹介してくれた不動産屋さんは浮かれている我々を見て、「浮かれて決断すると後悔するかもしれないから、1回冷静になりましょう」とアドバイスを下さいました…!

 

これにより、浮かれているばかりじゃなく、ある程度冷静になって悩めたと思います。

(これも、もしかしたら不動産営業のトークスキルのひとつなのか?とも思ったけど、気に入った部屋なんだから、まあよし)

 

 

 

 

まとめ

 

  • 波長が合う営業に物件を紹介してもらう
  • どよん…としたら選ばない
  • 営業トークに注意!
  • 経験之ある第三者の意見を聞く
  • テンションが上がる部屋を選ぶ

 

わたしの両親が「物件は縁だからね」としきりに言っていましたが、まさにその通りだなあと思いました。

 

引越しは来月になると思うので、今から少しずつ荷造りしておこう!

 

 

 

 

 

〇Instagramでは最新のしゃっくんの生態がみられます。

♡Instagramのアカウント https://www.instagram.com/colo_shaku

 


人気ブログランキング にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村